リフォーム沖縄株式会社

豆知識Trivia

  1. トップページ
  2. 豆知識
  3. 沖縄で塗装を塗り替える時期について気をつけたい4つのポイント

沖縄で塗装を塗り替える時期について気をつけたい4つのポイント

2022.10.01

沖縄は亜熱帯気候の気候です。他県に比べ外壁塗装の劣化が早いと考えられています。

紫外線が強い日差しの沖縄で建物の美観や耐朽性を守る外壁塗装を定期的に塗り替える事は一般的となってきました。

沖縄で塗装を塗り替えるベストな時期とは一体いつなのでしょうか?

現在に塗装されている塗料の耐朽性を考慮するのは当然ですが、建物の構造や立地、また、近隣の状況など塗装の塗り替え時期に関してはその判断基準は難しいですよね。

 

 

下記の4つのポイントについて紹介していきます。

 

・沖縄で外壁塗装を塗り替える時期は?

・外壁塗装の劣化を見つける

・塗り替えに適した季節は?

・納得して外壁の塗り替えする

 


沖縄で外壁塗装を塗り替える時期は?

 

 

建物の外壁塗装を考えるタイミングは一般的には15年から15年が目安と言われているようです。ですがそれだけを鵜呑みにしてはいけません。

 

塗装は全て同じ環境、同じ塗料を採用しているとは限らないからです。そこで外壁塗装のタイミングを間違えないためにも外壁塗装の必要性を振り返ります。

 

外壁に塗装する理由はなぜ?

建物に塗装する必要性を念頭におきながら塗替えのタイミングをはかりましょう。

 

 

そこで塗装する目的としては、

 

  • 建物を美しく見せる・保つため
  • 建物を風雨、紫外線などの自然環境から守り、耐朽性を保つため

 

外壁塗装をする理由1 建物を美しく見せる・外観を保つ

 

 

外壁塗装はファッションのようなもので、建物の形やサイズ、近隣や環境など様々な条件のもと塗料の種類や色の種類を決めて「美観」を整えています。

デザインが気に入らなかったり、色あせてしまうと気持ちもおちがちです。

 

外壁塗装をする理由2 建物を風雨や紫外線などの自然環境から守り、耐朽性を保つため

 

 

そして、大切な要素が「耐朽性を保ち、建物を守る」ということです。太陽の日差しや紫外線、雨や風などの自然環境から建物を守るのは何塗装工事による塗料膜です。

 

塗料が剥がれてしまうと外壁劣化や雨漏りなどに繋がり内部にまで悪影響を与えてしまうでしょう。外壁塗装を定期的に行うことで建物が保護され、耐朽性を持続できることで建物の資産価値も高いまま残すことになります。


 

塗装を塗り替えるベストな時期は?

 

 

外壁塗装の塗り替えタイミングの誤りを防ぐポイントは下記のことを踏まえて判断しないといけません。

 

  • 現在使用されている塗料の特徴や耐用年数を把握
  • 塗り替えしないといけない症状が出ているか
  • 塗装業者の繁忙期はできるだけ避けたい

 

 

現在使用されている塗料の特徴や耐用年数を把握する

 

 

まずは何よりも現在建物に塗られている塗料がどれくらいの耐朽性かを調べましょう。新築時の設計資料などの仕様書や塗装の保証書などに記載されていますのでそれを元に塗装自体の性質や特徴を把握しましょう。

 

業者に相談する場合もあらゆる面から外壁の状況を診断するのに必要な情報となります。まずは現在の建物の状況を知ることがタイミングを見極める大切な一歩です。

 

外壁塗装を塗り替えないといけない症状が出ているか

 

 

ここからはあなたの外壁塗装を「見る目」を向上していきましょう。

 

  • 塗膜が剥がれていないか
  • 色は変色してないか
  • 汚れぐらいは
  • 粉が付着していないか
  • ヒビ割れはないか?
  • 膨れている箇所はないか?

 

などなどそういったことを頭に入れて、時間くらいかけてゆっくり見て見ましょう。

少しづつ塗装面の変化も気づいてくることでしょう。よく日の当たる面や雨風がよく当たる面などは早い段階から劣化が始まります。場所による塗装面の違いも気づくとができます。

違いがわからない場合、業者に見てもらうことも一つの手ですが、まずはご自身で塗装を見る目を養うことが大切です。

 

一般的に言われている塗装を塗り替える時期の目安である10年から15年にとらわれるすぎると、早い劣化に気づかなかったり、塗装が劣化していないのに塗り替えたりなど必要以上に費用がかかってしまいす。

 

 

 

沖縄の塗装の塗り替え時期を見極める大切な事は、

まずは建物の塗料の耐用年数や特性を把握し、ご自身の目でも外壁の塗装面を観察する。また専門的な診断は業者に依頼した結果を踏まえて、塗装の塗り替えるタイミングを判断しましょう。

 

外壁塗装工事に向いている季節はいつ?

外壁塗装の塗り替えタイミングがわかったら、次に考えないといけなのは工事を行う季節です。

 

塗装工事に向いていない気候とは?

気温と湿度によっては乾燥が遅れてしまうので塗装工事を行わない場合があります。種類にもよりますが、パーフェクトトップの場合は気温5℃未満、湿度85%以上だと塗装を行わないことが推奨されています。

 

その事からすると沖縄では雨の多い時期には塗装工事が遂行できないのと、慌てて施工して下地が乾燥していないのに塗装を塗り替えるなど施工自体が万全に行われない可能性がありますのでそういった梅雨の時期は避けましょう。

 

おすすめの季節は秋、夏、冬。

 

 

塗装工事を行う季節としては、1番よいのは秋、次に夏がオススメです。暖かいので塗装が乾燥しやすいというのも理由です。沖縄の冬は5℃以下というのはほとんどないので問題ありませんが、春が公共工事などの繁忙期になり多忙になりますので、着工が遅れたり、工事期間が長くなったりすることも考えられます。一方では夏は台風やゲリラ豪雨などのが多いので、それらを踏まえて工事日程を考えて行きましょう。

 

季節によって塗装工事の仕上がりや工事遅れるなど様々です。繁忙期に行う事が悪いとかでは決してありません。期間がずれ込むなど事前に確認する事で業者との信頼関係を築きながら丁寧に施工してもらうようコミュニケーションをとっていきましょう。